三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

SECURING HEALTH AND SAFETY労働安全衛生の確保

労働安全衛生の確保

労働安全衛生マネジメントシステム

三機工業は、安全衛生基本理念のもと、「災害のない明るく働きがいのある職場を作ろう」という究極の目標の達成を目指し、協力会社と一体となって安全衛生活動を推進しています。
労働安全衛生マネジメントシステム(三機OHSMS)を導入、毎年策定する安全衛生活動方針に基づき、事業ごとの特性に合わせて組織的・継続的な安全管理を実施し、労働災害の潜在的危険性の除去・低減と安全衛生水準の向上に努めています。
全社統一の安全衛生活動方針計画書を作成し、リスク管理について原因の追究、改善・予防対策などPDCAサイクルの見える化を図っています。

安全衛生基本理念

  1. 安全衛生は全てに優先する。
  2. 安全衛生はライン(協力会社を含む)の重要職責である。
  3. 安全衛生は常に話し合いの場を持ち、お互いの信頼関係に立脚した施策を決定し実行する。
  4. 安全衛生は当社と協力会社、監督者と作業者が一体となって全員参加により推進する。

安全衛生教育の徹底

作業現場での安全を確保するため、従業員には指定された教育機関での安全衛生教育の受講や、社内講師による安全衛生教育も行っています。従業員以外でも現場の新規入場者には、安全衛生手帳を用いた新規入場者教育を実施しています。

また、三機安全衛生協力会との共催で、労働安全衛生法で定められている安全衛生教育を従業員や協力会社社員を対象に実施しています。

VR(仮想現実)技術を用いた研修の様子
VR(仮想現実)技術を用いた研修の様子

安全大会・安全パトロール

毎年、全国安全週間準備月間にあたる6月に、経営トップも参加し、各支社支店で安全大会を開催しています。
また、現場作業員の安全意識向上のため、さまざまな安全パトロールを実施しています。事業部・支社・支店長やスタッフが行うもの、現場担当者が行うもの、協力会社事業主が行うものなどのほか、特別行事として、夏期特別合同パトロールや歳末合同パトロールも行っています。

安全パトロール
安全パトロール
本社安全・品質大会
本社安全・品質大会

災害発生状況

災害件数と度数率※1・強度率※2の推移

災害件数と度数率・強度率の推移

集計範囲:三機工業施工現場(単体および協力会社)
災害件数:休業1日以上を集計
「総合工事業平均度数率および強度率」出典:厚生労働省『労働災害動向調査結果』より

※1
度数率:100万のべ労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表します。
※2
強度率:1,000のべ実労働時間当たりの労働損失日数で、災害の重さの程度を表します。