三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

RISK MANAGEMENTリスクマネジメント

基本的な考え方

当社グループは、正常な事業運営を阻むリスクを統合的に把握し、リスクの顕在化を未然に防止するとともに、顕在化した場合の損失を極小化するため、「リスク管理規程」に基づく全社的なリスクマネジメント体制を構築しています。

リスクマネジメント推進体制

グループ全体のリスクを一元的に管理し組織的な対応を推進するため、リスク管理担当役員を委員長とする「リスク管理委員会」を設置しています。重要なリスクのモニタリング、コントロール案の策定および各分科会・部門から報告されたリスクのモニタリングを行っています。さらに「リスク管理委員会」の下に特定リスクに関する「リスク管理分科会」を設置し、リスク評価やコントロールの有効性を高めています。

リスクマネジメント体制図(2020年6月25日現在)

 リスクマネジメント体制図(2020年6月25日現在)

リスクマネジメント活動

リスク管理委員会において毎年度、事業活動に影響を及ぼすリスクを洗い出し、次年度に優先的に取り組むリスク項目を定め、各リスク管理分科会からの報告を受けリスクをモニタリングするとともに、必要な対策の検討・指示・進捗確認を行っています。

主なリスク対応策(2020年度)

リスク 対応策
顧客与信
  • 3月および9月末業績基準のポートフォリオ分析
仕入先与信
  • 倒産予測値を用いたアラームの発報を毎月実施
  • 自然災害時対応用の仕入先情報データベース整備
労務
  • 新型コロナウイルス感染予防対策の策定
  • 過重労働是正につながる施策の実施
情報セキュリティ
  • セキュリティ対策ソフトの導入
  • テレワークセキュリティガイドラインの作成
海外
  • 海外の新型コロナウイルスの感染拡大への対策
  • 拠点ごとの災害対策物資の備蓄の調達・保管方法の見直し
コンプライアンス
  • アンケートによる部門固有リスクの洗い出し・未然防止

新型コロナウイルス感染症に伴うリスク管理

新型コロナウイルス感染症に対しては、2020年4月に「新型コロナウイルス対策本部」を設置し、情勢の変化に合わせた対策を実施するとともに、リスク管理委員会にて定期的なモニタリングを行っています。

新型コロナウイルス感染症が事業活動に与えるリスクと機会

リスク
  • 経済停滞による設備投資の縮小
  • 在宅勤務の浸透による都心部オフィスビル需要の減少
  • 工事遅延等による損益の悪化
機会
  • 情報通信設備、医療・医薬設備の需要拡大
  • ワークスタイルの変化によるオフィス環境改善投資やワークスペースの見直しニーズの拡大
  • 感染拡大防止のための無人化ニーズ