三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

SDGs 持続可能な開発目標(SDGs)

企業は、事業活動が社会に及ぼす負の影響を最小化するとともに、正の影響を最大化し、社会の持続可能な発展に寄与することが求められています。
SDGs(持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない」世界の実現に向けた国際目標であり、国はもちろん企業にも積極的な関与が求められています。三機工業グループはSDGsが提示する中長期的な社会課題に対し、事業活動を通じて貢献していきます。

持続可能な開発目標(SDGs)

Promote 推進体制

ESGやSDGsの促進に向けた社内の推進体制構築のため、2019年度より部門横断の「ESG CCU」を月1回継続的に実施し、ワーキンググループで情報共有や意見交換を行うほか、サステナビリティに関する研修を全役員・従業員を対象に継続的に実施しています。2021年4月には、ESGやSDGsの企画推進を担うサステナビリティ推進部を新設し、7月からはグループ全体のサステナビリティ施策の検討を行う委員会設立に向けた経営層における準備委員会を開催しています。今後は中長期的なサステナビリティ方針や目標、施策などを中期経営計画 “Century2025” Phase3と併せて検討し、サステナビリティ経営を推進していきます。

Evaluation 外部からの評価

三井住友銀行「ESG/SDGs評価融資」においてAA評価

株式会社三井住友銀行と株式会社日本総合研究所が作成した基準に基づき、ESG/SDGsの取り組みや情報開示の状況においてAA評価を獲得しました。

三井住友銀行「ESG/SDGs評価融資」においてAA評価

第5回 日経「スマートワーク経営」調査で星3.5に認定

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する第5回日経Smart Work経営調査において、星3.5に認定されました。

日経「スマートワーク経営」

第3回 日経「SDGs経営」調査で星3に認定

「SDGs戦略・経済価値」、「社会価値」、「環境価値」、「ガバナンス」の4つの分野から総合的に企業のSDGsへの貢献を評価する日経「SDGs経営」調査において星3に認定されました。

日経「SDGs経営」

くるみんマークの取得

当社は、厚生労働省・東京労務局から、次世代育成支援対策推進法に基づき一定の基準を満たした「子育てサポート支援」として、認定マーク「くるみん」を引き続き2015年に更新取得しました。

くるみん

名古屋市子育て支援企業の認定

当社の中部支社で、2014年に建築設備業として初めて「名古屋市子育て支援企業」の認定を受け、2017年に更新取得しました。

名古屋市子育て支援企業認定マーク