三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

ENVIRONMENTAL MANAGEMENT三機工業の環境経営

三機工業の環境経営

当社は、環境問題を経営の重要課題と位置付け、地球環境に対するふたつの使命(下表参照)を果たすため、環境経営を推進しています。環境経営の推進にあたっては、代表取締役社長を最高経営者とする環境マネジメントシステム推進体制を構築し、年2回の全社QMS・EMSマネジメントレビューで各部門の活動実績の報告と計画の決定を行っています。環境マネジメントシステム(EMS)を効率的かつ継続的に運用することでPDCAサイクルを回して改善を図っています。(2015年度より品質と環境のマネジメントシステムを一本化し、会議体および推進体制の名称を変更しております。)

ふたつの使命

高い技術力による地球環境の保全
事業活動による環境負荷の最小化

環境方針

三機工業グループは、環境問題を経営の重要課題と位置付け、社会の一員として、積極的に作業環境、地域環境および地球環境の保全に取り組む

環境目標設定および行動の枠組をつぎに定める

  1. それぞれの職場において公害防止や環境汚染予防に努め、さらに省資源、省エネルギー、産業廃棄物の削減、リサイクルの推進、生物多様性および生態系の保護に努める
  2. 設備等の設計にあたっては、省資源・省エネルギーを積極的に提案する
  3. 環境関連法規制と当社グループが同意した環境に関する外部の要求事項を遵守する

2020年4月1日
三機工業株式会社
代表取締役社長
石田 博一

環境マネジメントシステム

 当社は、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を建築設備部門・本社で2001年8月に、環境システム事業部で2004年1月に取得しています。
 その後、当社創立80周年記念事業として、2005年10月より全社的なシステムの導入を開始し、2006年8月に全社、全部門に認証を拡張しました。さらに2011年8月には子会社2社に認証を拡張しました。
 現在の適用範囲は以下のとおりです。

ISO14001
認証範囲 取得日 審査登録機関
登録番号
認定機関
建築設備並びに高度情報通信及びネットワーク関連装置の計画、設計及び施工、付帯サービス
物流システム、物流機器の設計・開発及び製造・据付上・下水処理設備、ごみ焼却施設、産業プラント設備における設計、エンジニアリング、建設、オペレーション及び付帯サービス
2001/8/20 ABS QE,INC.
36114
ANAB
RvA
※注記
ABS QE,INC.:米国の審査登録機関  ANAB:米国の認定機関  RvA:オランダの認定機関

環境マネジメントシステム推進体制

環境マネジメントシステム推進体制図