三機工業株式会社

  • menu

株主・投資家情報

IR

POLICY経営方針

トップメッセージ

 株主・投資家の皆さまにおかれましては、日頃より当社グループへの厚いご支援を賜り、心より御礼申しあげます。
 当社グループは現在、3ヵ年中期経営計画「“Century 2025” Phase2」にもとづき、ステークホルダーの皆さまの「信頼」を高めていく取り組みを推進中です。計画2年目の当期は、建築設備事業における施工体制および現場支援体制の拡充、施工品質の確保、安全衛生と生産性の向上など、コア事業の強化を図るとともに、さらなる成長に向けた次世代技術の創出、三機ブランド向上への施策に注力しています。
 2020年度上半期の事業環境は、新型コロナウイルス感染拡大による直接的な影響は他業種と比較し少ないものの、企業収益の悪化を背景とした民間設備投資の需要減少が懸念されています。
 感染症の状況は、依然として収束の見通しが立たず、予断を許さない様相を呈しています。引き続き状況を注視しつつ、的確かつ迅速な対応に努め、中期経営計画の達成に向けて邁進してまいります。
 株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも当社グループ事業へのご理解とともに、長期のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

三機工業グループ 長期ビジョンおよび中期経営計画

 三機工業グループは、創立100年である2025年に向けた長期ビジョン“Century 2025”を策定しました。私たちは、この長期ビジョン“Century 2025”で「質」と「信頼」をさらに高め、ステークホルダーの皆さまからもっと「選ばれる」会社を目指しています。
 そして、この長期ビジョンを達成するために2016年度から2025年度までの10年間を3つに分け、2019年度からは「信頼を高める3年間」である“Century 2025”Phase2が始動しました。
 詳しくは下記、長期ビジョンおよび中期経営計画のPDFをご参照ください。

三機工業グループ 長期ビジョンおよび中期経営計画 “Century 2025”

長期ビジョンおよび中期経営計画 (PDF: 435KB)