三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

CONDOCT CODE行動規範・行動指針

三機工業グループ 行動規範・行動指針

制定2002年12月1日
改正2012年 5月1日
改正2014年 6月2日
改正2017年 4月1日

事業活動を通じた社会への貢献

[行動規範]
1

私たちは、お客さまの立場に立ち、お客さまの満足と信頼が得られる、安全で有用な製品・サービスを提供し、総合エンジニアリングを通じて社会の発展に貢献します。

[行動指針]
  1. お客さまの要望を真摯に受け止め、プロフェッショナルとして高い技術力にもとづく解決方法を提示することにより、安全で有用な製品・サービスを提供します。
  2. 業務上知り得た公表されていないお客さまの情報は、厳重に管理するとともに、正当な目的以外には使用しません。
  3. 営業活動においては、製品・サービスについて正確な情報を提供し、お客さまに誤解を生じさせるおそれのある表示は行いません。

企業情報の開示

[行動規範]
2

私たちは、上場株式会社として社会的責任を認識し、経営の透明性を高めるため必要な企業情報を適時・適切に開示し、ステークホルダーとのコミュニケーションを高め、信頼を確立します。

[行動指針]
  1. 事業活動、経営状況等の企業情報を、ステークホルダーに対して、適時・適切に開示します。
  2. 社会からの信頼にこたえるため、ステークホルダーとのコミュニケーションを大事にします。
  3. インサイダー取引およびその疑いを持たれるような株式等の売買は行いません。

公正な市場競争と取引

[行動規範]
3

私たちは、受注活動にあたっては公正な市場競争を行うとともに、発注業務においてはすべてのお取引先*と常に対等・公正・透明な取引関係を構築し、関係法令および契約に従って誠実な取引を行います。

*取引先:協力会社および資材等の購入先

[行動指針]
  1. 独占禁止法等の関係法令を遵守した公正で自由な競争により利益を追求します。
  2. 入札参加者間で、受注予定者、受注予定者の選定方法等について話し合ったり決定することはもちろん、受注に関する情報交換は行いません。
  3. お取引先に対し、常に対等・公正な立場で接し、関係法令および契約に従って誠実な取引を行います。
  4. お取引先に対し、発注側という立場を利用して不当な取引を強要しません。
  5. 発注業務等に関して、個人的な利益の追求はしません。
  6. お取引先から社会的儀礼の範囲を超えた接待・贈答その他経済的利益を受領しません。

人権の尊重

[行動規範]
4

私たちは、あらゆる事業活動の場において、すべての人の人権を尊重するとともに、差別や個人の尊厳を傷つける行為を排除します。

[行動指針]
  1. 工事現場を含むすべての職場で、すべての人々が、安全で健康に働くことができるようにします。
  2. 性別、年齢、出身地、国籍、人種、民族、信条、宗教、身体的特徴、障がい等による差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
  3. 事業活動にあたっては、児童労働、強制労働を排除します。
  4. 事業活動にあたっては、人権に与える影響を考慮し、人権侵害のおそれに対処します。
  5. ハラスメント(セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメントおよび妊娠・出産、育児・介護休業等に関するハラスメントを含むがこれに限らない)を職場から排除するとともに、職場環境を悪化させることのないよう予防します。
  6. 一人ひとりのプライバシー、個性、多様性を尊重し、仕事と生活の調和をはかります。

会社財産の管理

[行動規範]
5

私たちは、有形・無形を問わず、会社の権利・財産を適正に管理、保護し、私的用途等の不正な使用は行わないとともに、他人の権利・財産を尊重します。

[行動指針]
  1. 会社の財産を規則に従い適正に管理し、業務目的以外には使用しません。
  2. 知的財産権を始めとする会社の権利・財産を確保、維持するとともに、他人の権利・財産についても尊重し、侵害しません。
  3. 情報システム利用基準にもとづき、情報を適正に管理します。
  4. お客さまからご提供いただいた情報のみならず、あらゆる個人情報を適正に取り扱い、安全に管理します。
  5. 会社の秘密情報を厳重に管理し、在職中はもとより退職後も所定の手続きによることなく開示・漏洩しません。また他人の秘密情報についても同様とします。

地球環境の保全

[行動規範]
6

私たちは、積極的に地域環境および地球環境の保全に取り組みます。

[行動指針]
  1. 設備等の設計にあたっては、省資源・省エネルギーを積極的に提案し、低炭素社会の実現に貢献します。
  2. それぞれの職場において、公害防止や環境汚染予防、さらに省資源、省エネルギー、産業廃棄物の削減、リサイクルの推進、生物多様性および生態系の保護に取り組みます。
  3. 事業活動にあたっては環境に与える影響を常に考慮し、環境関連法規制を遵守するとともに、積極的に環境問題に取り組みます。

反社会的勢力との関係遮断

[行動規範]
7

私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては断固たる行動をとり、一切の関係を遮断します。

[行動指針]
  1. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体から不当な要請・要求を受けたときは、これに屈することなく、断固として拒否します。また、反社会的勢力・団体およびこれらと関係ある者とは理由のいかんを問わず、いかなる取引等も行わず、関係を遮断します。

社会のルールの尊重

[行動規範]
8

私たちは、常に社会の一員であることを自覚し、社会のルールに従うとともに、積極的に社会貢献をし、社会からの信頼を得るべく努めます。

[行動指針]
  1. 業務遂行にあたっては、建設業法等の関係法令、行動規範・行動指針、社内規則を遵守することはもちろん、常に社会の一員であることを自覚し、社会のルールに従って行動します。
  2. 公務員またはこれに準ずる者(外国公務員等を含む)に対し、その職務に関し利害関係のある場合は、接待、贈答等の利益供与は一切行わないとともに、それ以外の場合であっても、通常一般の社交の程度を超えるものは一切行いません。また、お客さまの役員・従業員に対しても、社会的な常識を超える接待・贈答等の経済的利益供与は行いません。また、お客さまの内規が接待を禁止している場合はその内規に従います。
  3. 会社の名誉・信用を損なうような行為はしません。
  4. 社会を構成する良き企業市民として、地域社会の発展に寄与するため、社会貢献に努めます。
  5. 海外において事業活動を行う場合は、活動地域の諸ルールに従うとともに、国際行動規範を尊重します。
  6. お取引先にもこの行動規範・行動指針を周知し、ご協力をお願いします。
  7. 行動規範・行動指針にもとづき、管理する立場にある者は、自らが積極的に実践するとともに、管理下の者がこれらを遵守するよう指導・監督を行います。