三機工業株式会社

  • menu

技術・サービス

SERVICE

TECHNOLOGY 小型バイナリー発電設備

主に135~250℃程度の中低温排熱を利用できる、良好なメンテナンス性の125kW小型バイナリー発電機です。

概要

中低温排熱からの高効率発電を実現

国内納入実績

  • 納入先:旭硝子(株)京浜エ場様(神奈川県横浜市)
  • 納入年月:2013年6月
  • 熱源:ガラス溶解炉
  • 適用法規:電気事業法

特長

  • 中温型 135℃C以上·低温型90℃以上の排熱(ガス・温水・蒸気)が利用可能。
  • タービン発電機は最高 26,500rpm の高速回転で、最高発電端効率13%(※)を達成し、高効率発電が可能です。※発電端基準、ご使用条件によって異なります。
  • 磁気ベアリング方式を採用し、メンテナンスフリーを実現しています。
  • 循環熱媒には、オゾン層破壊係数ゼロの代替フロンR245faを使用しています。

※バイナリー発電とは、排熱と熱媒の2つの(バイナリー)熱サイクルを利用した発電サイクルを指します。

システム導入例

発電機ユニットを含むシステム全体でご提案いたします。

実績