三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「省エネ型遠心脱水機『SANDEC G3』」
- 国内下水処理場向け1号機導入 -

2015年6月12日

 三機工業株式会社(代表取締役社長執行役員:長谷川 勉)は、春日井市勝西浄化センターに国内下水処理場初となる省エネ型遠心脱水機「SANDEC G3」を導入しました。

●背景
 下水処理場においても、消費電力量の削減が求められる中、当社では省エネルギー製品・システムの開発に継続的に取り組んでいますが、このたび、アルファ・ラバル社との技術提携品である本製品1号機を国内下水処理場に導入しました。
 本設備工事は、2015年3月に竣工し、現在本稼働中です。

●特長
 本製品は、独自の設計により、高性能でありながら省エネルギーのみならず、省スペースや維持管理の容易性をも同時に実現した新型遠心脱水機です。

●今後の展開
 下水処理場における汚泥脱水機の新設・更新時に、省エネルギー・省スペース効果の高い製品として提案し、シェア拡大を目指します。


写真:納入先 春日井市勝西浄化センター様

●参考URL
 http://www.sanki.co.jp/service/technology/article/detail099.html

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ