三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「夏期型災害」および「はさまれ・巻き込まれ型災害」の撲滅に向け、夏期特別合同安全パトロールを実施
~社長をはじめとする全経営陣が全国の現場をパトロール~

2016年9月 8日

 三機工業株式会社(代表取締役社長執行役員:長谷川 勉)は、経営陣による安全 パトロールを継続的に実施していますが、今回、全国から選定した21現場の夏期特別 合同安全パトロールを実施し、安全意識の徹底に努めています。

 1.パトロールの目的
   (1)安全衛生スローガンによる安全意識の高揚
     今年度の安全衛生スローガン「仲間の安全はあなたの安全 みんなで育む安全場!~油断せず過信せず話し
     てなくそう!危険作業~」に基づき、経営陣が安全 パトロールをおこなうことで、全社一丸となって「安
     全職場」を育む意識を持つ。
   (2)「発生時期」による予防施策の展開
     建設業における「熱中症災害」による死亡災害の約90%が7,8月に集中しているため、安全パトロー
     ルにより予防・対策を徹底する。
   (3)「災害の型」による予防施策の展開
     昨年多発した「はさまれ・巻き込まれ型災害」を全社ターゲットとして予防し、さらに各部門の傾向や特
     性を踏まえた「災害の型」について点検する。

 2.社長による安全パトロール
   長谷川社長は、協力会役員会社とともに東京都内の大規模再開発現場をパトロールし、以下のように現場担当
   者や協力会社に対し呼びかけました。
   「顧客・元請のニーズを理解し、安全作業が進められています。しかし、依然として台風などの天候不順が続
   いており、熱中症の危険性も高く、油断はできません。
    また、当社では長時間労働対策としての『スマイルプロジェクト』を推進中です。きちんと仕事をしながら
   も、休むときは休み、メリハリをつけて進めてほしい。皆さん自身のためだけでなく、家族や同僚のためにも
   安全・健康に作業を進め、無事故・無災害で竣工を迎えるようお願いします。」

安全指導

 

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ