三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」へ参加

2020年5月19日

 三機工業株式会社(社長:石田 博一)は、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し、本宣言に参加いたしました。
 当社は引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めるとともに、空気調和設備をはじめとする当社の固有技術が事態の終息に貢献できるよう取り組んでまいります。

article360.png

<本宣言の概要>
 新型コロナウイルス感染症のまん延をくい止めるためには、業界の垣根を越えた、治療薬、ワクチン、医療機器、感染防止製品ソフトウエア等の開発、製造、流通などを、産官学が連携し、従来の常識や固定観念にとらわれないスピードで進める必要があります。
 もし特許権、意匠権、ソフトウエアプログラムの著作権その他の知的財産権が、これらの開発および製造の障害となるのであれば、権利者が保有する知的財産権の権利行使を行わない事を宣言することが、迅速かつ最善の開発および製造を可能とし、また倫理的にも必要であると考えます。
 我々は、世界中の知的財産のオーナーに、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした行為に対しては、一切の対価や補償を求めることなく、保有する特許権・実用新案権・意匠権・著作権の権利を一定期間行使しないことを宣言します。

本宣言の詳細は、下記URLをご参照ください。
https://www.gckyoto.com/covid19
 

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ