三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「災害ゼロに向けた予防施策の展開」および「健康障害防止の取り組み」
に向けた夏期特別合同安全衛生パトロールを実施

2019年7月24日

 三機工業株式会社(社長:長谷川 勉)は、7月から8月末にかけて経営陣による夏期特別合同安全衛生パトロールを全国的に実施しています。今年度の全社スローガンである「安全作業で信頼高め みんなで創ろう!新時代『まず確認!最優先は安全衛生』」に基づき、現場担当者・協力会社・三機工業グループの三者が心を一つにして安全衛生活動に取り組む「三位一体」を推進し、災害ゼロを目指します。

 パトロールの目的
 (1)災害ゼロに向けた予防施策の展開
    作業方法や手順の誤りがないか、安全ルールが遵守されているかの確認をおこなう。

 (2)健康障害発生防止の取り組み
    夏期に多く発生する熱中症への予防対策や、現場担当者の長時間労働対策、心の健康確保など、
    健康障害発生を防止する。

 今回のパトロールは、三石中央安全衛生委員長を皮切りにスタートし、長谷川社長をはじめとした経営陣が全国から選定した施工現場全19箇所の安全衛生パトロールを順次実施。現場担当者や協力会社に対し、「最優先は安全衛生」のさらなる定着を図っています。

article306.jpg
施工現場を巡視する三石中央安全衛生委員長

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ