三機工業株式会社

ニュースリリース

「第2回社長CCU(Century Communication Up)」を実施 ~社長と直接対話でコミュニケーションアップ~

2019年2月26日

 三機工業株式会社(社長:長谷川勉)は、社長と従業員との対話を目的としたイベントである「社長CCU(Century Communication Up)」を実施しました。この取り組みの名称は当社長期ビジョン“Century 2025”にちなんだもので、社長CCUとしては2016年度に初回を実施し、今回で2回目となります。
 前回の社長CCUでは、若手従業員を中心とした直接対話を行い、出された多くの意見や提案がその後人事制度などに色濃く反映される結果となりました。

 今回は、さらに幅広い層との対話を実現するために、2018年9月から12月にかけて全15回実施し、嘱託従業員、中堅の技術・営業・設計・女性技術者など、全国各地から約100名の従業員が参加しました。

 双方向のコミュニケーションを重視するため、職種ごとに6名程度の少人数グループを組み、「三機らしさ」や参加者の働く上での思いなど、幅広いテーマで社長と意見交換を行ないました。参加した従業員からは、働き方や業務改善、会社の制度、ダイバーシティへの取り組みなどについて多様な意見・提案が出されました。

 当社では、社長CCUをはじめ経営トップ自らが従業員との対話を通じてコミュニケーションを図る場を数多く設けており、これらの取組みから出された意見・提案を、従業員が働きやすい職場環境づくりに活かしています。

article287.jpg