三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「第14回 三機工業全店電気工事品質大会」を開催
―電気技術者の技術向上と品質確保・均一化―

2015年7月23日

 三機工業株式会社(代表取締役社長執行役員:長谷川 勉)は、7月16、17日の2日間、三機湘南研修センター(神奈川県横須賀市)で、「第14回 全店電気工事品質大会」を開催しました。本大会は、2002年に電気技術者の施工技術向上と施工品質確保・均一化を目的として開催され、本年度で14回目であり、支社・支店・子会社から推薦された協力会社19社20名の電気技術者が、お互いの知識、技術を競い合いました。

 大会の冒頭、國廣常務執行役員建築設備副事業本部長は「現場でトラブルが発生すれば、一瞬にして会社の信用を落とし、信頼回復には多大な時間と労力がかかります。トラブルを未然に防ぐためには、過去のトラブルの原因を正確に分析し、「施工要領書」、「技術指導書」などに反映された再発防止策を、現場の最前線で活躍する皆様に正確に伝えることが大切です。」と挨拶がありました。

 大会初日は、電気に関する法規や電気工事時の作業心得、安全ルールなどを中心とした筆記課題が出題され、翌日は、電気工事での基本技術である分電盤からの電灯・コンセント設置やアース線、端子部の電線接続・締付の重要性を再認識する目的で、実際に作業板上で配線工事を行う実技課題が行われました。
 課題終了後は、ベテランの電気工事士による実技課題についての具体的な講義が行われ、皆真剣な面持ちで指導に聞き入っていました。
 採点は、筆記課題が50点、実技課題が150点の合計200点で競い、関西支社推薦の藤井電機株式会社の上田直生さんが、192点の好成績で優勝しました。

 大会参加者には、社内認定資格「三機工業認定優良電気工事士」の資格が付与され、これまでに延279人の資格者が誕生しています。
 当社は、今後も施工技術向上と施工品質確保・均一化に向けた活動に取り組んでいきます。


【実技課題全景】


【優勝者の実技風景】


【集合写真】

以 上

 

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ