三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

「配膳カート搬送AGV」をラインアップ
- 重たいカートを安心、安全、確実に運びます -

2014年11月12日

 三機工業株式会社(代表取締役社長執行役員:梶浦 卓一)は、このたび病院や療養施設の省人・省力化システムとして、「配膳カート搬送AGV」をラインアップしました。

●本製品の概要
 病院や療養施設では、厨房で調理された食事を配膳カートに載せて、1日3回、365日配膳しています。一般的に厨房設備は、地下もしくは地上1階に配置されることが多く、各施設までエレベーターや廊下を通り職員の手により運搬されています。この運搬作業は、配膳だけでなく下膳も含めると1日6回の運搬作業となり、かなりの時間や労力が費やされている状況です。「配膳カート搬送AGV」は、この運搬作業を自動化し、施設内の省人・省力化に貢献します。また、施設内の“食の安全管理”を有機的に統合した物流ソリューションとして提案していきます。

●本製品の特徴

省人効果
配膳カートを自動搬送することで、運搬作業の省人化が図れ、職員の業務負荷を減らし、本来の業務に専念できます。当社試算では、9年間で約30%の経費削減が可能となります。(試算条件による)
安全・安心設計
「配膳カート搬送AGV」には、障害物検出センサーや衝突防止センサーを設置し、安心して使用出来る構造となっています。
また、配膳カートを職員の手で運搬している場合、不注意により、壁や柱等への小さな衝突事故が、数多く見られました。「配膳カート搬送AGV」は、磁気誘導方式により、確実に走行経路を自動搬送するため、壁や柱への衝突事故を防ぐことが可能です。
デザイン
従来の機械設備のイメージを払拭し、女性が多く活躍する施設内でも親しみやすいデザインを3種類ラインアップしました。
システム機能
食事時間に合わせた自動配膳や自動下膳の運行管理、配膳カートの運行状況モニタリング、食器ID管理(照合による取り違え防止機能)、等お客様のニーズに合わせた様々なシステムをご提案させていただきます。

●今後の展開
2014年11月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトにて開催される、「HOSPEX Japan 2014」へ実機展示を行います。 本設備は、厨房設備を手掛ける食品機設部門と、搬送設備部門の連携による商品であり、三機工業の強みである総合エンジニアリング力を発揮した提案を行っていきます。

以上

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ