三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

省エネ型流動燃焼システム受注のお知らせ

2011年7月14日

 三機工業株式会社(社長:有馬修一郎)は、省エネルギー型の下水汚泥焼却システムである「過給式流動燃焼システム(以下、本システム)」を東京都下水道局より受注しました。竣工は2013年2月の予定で、国内の下水処理施設で最初に稼動する見込みです。

背景

 現在、流動床式の下水汚泥焼却設備は全国で数多く運転されています。近年の地球温暖化問題の深刻化にともない、汚泥焼却稼動時の温室効果ガス排出量を、省エネルギー化により削減することが強く求められています。当社はこの問題点を解決するため本システムの開発を4社共同(※1)で進め、大幅な省エネルギーを実現しました。

システムの概要および特長

 本システムは、流動床式焼却炉に過給機を組み合わせ構成しています。汚泥を150kPa程度の圧力下で燃焼させ、そこから発生した排ガスで過給機を動かし、圧縮空気を発生させ、燃焼空気として活用します。これにより従来は必要不可欠だった流動ブロワと誘引ブロワが不要になります。
これにより本システムは従来に比べ、温室効果ガスをシステム全体として約40%削減することが見込まれます。
 (1) 電力消費量約40%削減
 (2) 燃料消費量約10%削減
 (3) N2O(※2)発生量が約50%削減

今後の展開

 三機工業は、今回の受注を契機として、下水処理場の焼却炉新設・更新時に、省エネルギー効果の高いシステムとして提案し、シェア拡大を見込んでいます。
 

受注案件の詳細

 発注者 :東京都下水道局
 納入先 :流域下水道本部浅川水再生センター
 概 要 :汚泥焼却設備改良工事
 (過給式流動燃焼システムの設計・施工・試運転)
 設備能力:60t/日 × 1基
 納 期 :2013年2月
 
イメージ図

 

以上

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ