三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

SANKI YOUエコ貢献ポイント制度を発足
- CO2削減提案をポイント化して環境保全活動を助成

2010年9月15日

三機工業株式会社(社長:有馬修一郎)は、自社の設備工事において省エネルギーを実現した場合、その一部を環境保全活動の助成にあてる制度を発足させました。

これは、顧客に提案したCO2削減案が採用された場合、削減量を同社独自のポイント(採用の削減量1トン-CO2あたり100円)に換算して、年間を通して全社集計し、環境保全の非営利活動へ寄付していくなどの助成をおこなう制度です。

 CO2をはじめとする温室効果ガスにつきましては、世界各地で頻発する異常気象がその排出削減への切迫感を強めています。
 我が国においては、産業部門のCO2は減少していますが、民生分野、特に業務用ビルや公共施設等の業務部門から排出されるCO2は増大し続けています(1990年→2008年で43%増)。このため、今年から施行されている改正省エネ法では、今まで対象とならなかった事業者にまで規制対象が広げられています。

 業務部門施設の改修・省エネルギーは、三機工業の主力事業のひとつであり、昨年4月にはエネルギーソリューションセンターを立ち上げ、省エネルギー市場への注力を打ち出しましたが、さらに企業の社会的責任の観点からも、強い責任感を持って、省エネ・新エネ提案活動に取り組むこととしました。

 今回の『SANKI YOUエコ貢献ポイント制度』は、このような提案活動強化の一環として、営業活動にインセンティブを与え、顧客といっしょに地球温暖化防止に取り組んで行きたいという企業姿勢を明確にするものです。

 本制度は本年10月1日をスタートとしていますが、すでに提案済みの案件が受注に至った場合も含めて本制度の対象とする予定です。

 また、今年度は省エネルギー提案件数400件、CO2として130,000トンの削減提案を目標とし、2011年4月以降に、助成対象とする非営利活動(団体)を選択します。活動結果につきましては、次年度以降の「CSR報告書」に記載し、順次発表していく予定です。

SANKI YOUエコ貢献ポイント制度を発足

 

以上

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ