三機工業株式会社

  • menu

ニュースリリース

NEWS

2014年 年末年始労働災害防止強調月間に伴う社長パトロール実施

2014年12月16日

 三機工業株式会社(代表取締役社長執行役員 梶浦卓一)は、労働災害が多発する年末年始を迎えるにあたり、建設業労働災害防止協会が主唱する「年末年始労働災害防止強調月間(12月1日~1月15日)」に併せて、社長をはじめとする全経営陣が全国の事業所を対象に安全パトロールに参画し、安全意識の徹底を呼びかけております。 

●目 的 
 今回の強調月間では、当社で多発傾向にある「墜落・転落型」、「はさまれ・巻き込まれ型」災害の防止に重点をおき、専用のチェックシートを用い、災害防止に努めると共に今年度の当社安全衛生スローガンである「しっかり話そう作業手順 しっかり聴こう現場の声 伝えよう!経験・技術・現場のリスク」に基づき、現場の声に耳を傾け、悪いところは指導し、良いところはきちんと褒め、現場のモチベーションアップにつながるようなコミュニケーションをとることも目的のひとつとしております。

●梶浦社長が安全パトロールを実施  
 
12月12日に梶浦社長は、協力会役員会社らと共に千葉県内の現場パトロールを行いました。パトロールを終えた梶浦社長は、「現場は整理整頓が行き届いているが、忙しくなると疎かになりがちである。整理整頓は安全作業の基本であり、作業効率化にも繋がる。また、これから本格的に寒くなるので体調管理には十分に注意して下さい。」と呼びかけました。また、パトロール終了後、全員で記念撮影し、年末年始の無災害と共に全工期無災害を誓いました。

article127_img_01.jpg

以上

お問い合わせ窓口

企業レポートに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ