三機工業株式会社

会社情報

基本的な考え方・体制図

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

コンプライアンスの徹底を大前提として、経営を効率化

 三機工業の経営の基本理念は、エンジニアリングをつうじて社会に貢献し、株主の皆さまをはじめとするさまざまなステークホルダーとのコミュニケーションをとり、社会から評価、信頼される事業活動を行うことです。その実現のために、コンプライアンスの徹底を大前提として、経営を効率化し、業績を向上させることが重要な経営課題であると認識しています。

コーポレートガバナンス体制

 経営効率の向上と意思決定の迅速化を図るため、経営機能を、意思決定・監督機能を担う取締役会と業務執行機能を担う執行役員とに分離する執行役員制度を採用しています。その上で、社外取締役、監査役会(社外監査役を含む)、内部監査部、会計監査人により、取締役会の意思決定および執行役員による業務執行を多層的に監視・牽制することで、業務の適法性・適正性を確保する体制としています。

コーポレートガバナンス体制図

コーポレートガバナンス体制図
  • 取締役会  毎月1回以上開催し、重要事項の決定と業務執行状況を監督。
  • 経営会議  社長執行役員が指名する取締役および執行役員で構成。毎週開催し、取締役会付議事項をはじめとする重要事項を審議。
  • 監査役会  年6回以上開催。監査役は取締役会その他重要な会議へ出席し、必要に応じて意見表明を行う。会計監査および業務監査においては、会計監査人、内部監査部、内部統制部門との連携を図っている。2012年6月から、監査役の欠員に備えるため、社外補欠監査役を1名選任。
  • リスク管理委員会  原則として四半期に1回開催し、必要に応じて随時開催する。取締役会の承認を受けたリスク管理担当役員を委員長とし、委員は経営会議メンバーおよび委員長が指名した者で構成され、経営企画室を事務局とする。重要なリスクをモニタリングし、そのコントロール案を策定して経営会議に付議する。また各リスク管理分科会・リスク管理部門から報告されたリスクをモニタリングし、必要に応じて改善提案を行って、その結果を経営会議に報告する。
  • 内部統制財務委員会  社長執行役員を委員長とし、財務報告に係る内部統制上の重要事項について審議・決定する等、全社的統制の中心的役割を担う。
  • 企業倫理委員会  社長執行役員を委員長とし、社長執行役員から任命された企業倫理担当役員が企業倫理に関する事項全般を統括。委員は各執行役員、事業部長、支社長、支店長で構成され、CSR推進本部を事務局とする。年2回の定例委員会で行動規範・行動指針の浸透・遵守のための実行計画等を審議。
  • 内部監査部  年度監査計画に基づき、各業務執行部署の業務遂行について内部監査を実施。内部管理体制の適切性・有効性等を検証。必要に応じて管理本部等の内部統制部門との意見交換や問題点の改善・是正に関する提言を行い、監査結果を社長執行役員、担当執行役員、監査役に報告。
  • 執行役員  取締役会で選任され、所管する業務の執行について責任と権限を持つ。
PAGE TOP