三機工業株式会社

株主・投資家情報

ディスクロージャーポリシー

 三機工業グループ(以下、当社グループ)は、「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨・意義を尊重し、以下の方針に基づいて広く社会に情報開示を行うことを通じて、株主・投資家をはじめとする各方面のステークホルダーの信頼と共感を得られる企業を目指します。

  1. 情報開示の基本方針
     当社グループは、金融商品取引法が定める法定開示ルールおよび東京証券取引所が定める適時開示ルールに従い、適時適切に情報開示を行います。
     また法令・規則による開示義務のない情報であっても、株主・投資家にとって有用であると判断した情報は、積極的に開示してまいります。
  2. IR活動の基本方針
     当社グループは、本ディスクロージャーポリシーに基づく情報開示により、株主・投資家に対し積極的なIR活動を実施します。具体的には、経営理念、事業内容、決算情報、業務状況・財務状況、中期経営計画等の将来に向けた計画・構想等を適時適切に情報開示するとともに、株主・投資家との建設的な対話を行うことによって株主・投資家の理解を促進し、これによって構築された長期的な信頼関係に基づく長期保有株主の獲得・維持および適正株価の形成をIR活動の目的としています。
     また、一連のIR活動によって得られた株主・投資家の意見・要望を適切に経営にフィードバックすることにより、中長期的な企業価値の向上に役立ててまいります。
     IR活動の実践にあたっては、経営理念のひとつに掲げる「コミュニケーションを重視し、相互に尊重する」の精神に則り、株主・投資家と誠実に向き合い、双方向のコミュニケーションを大切にします。
  3. 情報開示のプロセス
     制度的開示の場合は、取締役会・経営会議での審議・承認を経て開示します。
    1. (1)金融商品取引法に基づく開示
      有価証券報告書、四半期報告書、内部統制報告書、臨時報告書等
    2. (2)会社法に基づく開示
      事業報告、計算書類等
    3. (3)東京証券取引所の規則に基づく開示
      適時開示、決算短信、コーポレートガバナンス報告書等
  4. 情報開示の方法
     情報の開示は、インターネットの利用等により行います。
     具体的には以下のとおりです。
    1. (1)法定開示の場合、金融商品取引法に基づく開示文書に関する電子情報開示システム(EDINET)
    2. (2)適時開示の場合、適時開示情報伝達システム(TDnet)
    3. (3)当社ホームページ
  5. 公平な情報開示(フェア・ディスクロージャー)に向けて
    1. (1)基本方針
       当社グループは、改正金融商品取引法における「フェア・ディスクロージャー・ルール」の趣旨を尊重し、株主・投資家間で情報格差が生じないよう、公平な情報開示に努めます。一部の株主・投資家に対してのみ重要な情報が開示された事実が判明した場合は、速やかに当該情報を開示し、情報開示の公平性を保ちます。
    2. (2)沈黙期間
       当社グループは、決算発表準備期間中における情報漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算発表前の1ヵ月間を沈黙期間と定め、この期間内は決算、業績見通しおよびこれらに付随する内容に関するお問い合わせへの対応を差し控えます。
PAGE TOP