三機工業株式会社

ニュースリリース

「第2回三機レディ座談会~女性技術者交流会~」を開催しました

2018年2月 1日

 三機工業株式会社(社長:長谷川勉)およびグループ各社は、1月26日、本社で「第2回三機レディ座談会~女性技術者交流会~」を開催しました。 この座談会は、ダイバーシティ推進の取組みの一環として、女性従業員同士がお互いに相談できるネットワークづくりを支援することを目的に2016年度から実施しており、今回で2回目となります。

 2016年度に開催した第1回目は、ワーキングマザーを対象とした座談会を実施し、参加者全員で「育児と仕事の両立」について意見交換を行いました。
 第2回目となる今回は、全国から女性技術者など18名が参加し、普段接点の少ない女性技術者が一堂に会する中で、現在の悩みや不安を共有しました。第一部では、「仕事を続けていく上での私たちの課題」をテーマに、「より働きやすい職場環境にするためにはどうしたら良いか」を考え、また第二部では、『女性活躍推進』をテーマに、長谷川社長と女性技術者による意見交換会を実施しました。
 参加者からは、「“女性だから”と特別に見るのではなく、体力面など男性との違いを理解して、普通に接してほしい」等の意見が出ました。長谷川社長は、「女性と男性は、数ある多様性の中の一つ。平等感をもって男女の違いを理解し、普通にやっていくことで、女性活躍が珍しくなくなる時がくる」と感想を述べました。今後も、職種や働き方などの様々な切り口で、三機レディ座談会を実施する予定です。


 三機工業では、この三機レディ座談会のほか、経営トップ自らが従業員との対話を通じてコミュニケーションを図る場を数多く設けています。これらの取組みから出た意見を、女性従業員をはじめとする様々な従業員が働きやすい職場環境づくりに活かし、今後もダイバーシティを推進してまいります。
 
 

 

PAGE TOP