三機工業株式会社

ニュースリリース

「三機の森」で下草刈りイベントを開催

2017年8月 4日

 三機工業株式会社(社長:長谷川 勉)は、7月29日、当社創立90周年を記念して2015年10月に合計1000本の苗木を植樹した山梨県甲斐市の一帯(通称「三機の森」)の継続的な保全活動として、当社役員・グループ社員等による下草刈りイベントを開催しました。

 「三機の森」は、認定NPO法人環境リレーションズ研究所(鈴木敦子理事長)、地元の森林組合の皆様の協力を得て植樹・保全しているもので、「創立100周年には苗木も当社も大きく成長しますように」との願いをこめて命名しました。
 当日は、当社役員とグループ社員およびその家族を含む24名が参加し、雑草に隠れて太陽の光を浴びることのできない苗木たちを救出するために、カマを使い、雑草を刈り払う作業を行ないました。また、苗木の成長の確認や苗木が森になるまでに必要な作業を一緒に経験することで、環境保全活動に対する充実感と一体感を味わうことができました。

 当社は、2010年10月に発足させた独自の社会貢献活動『SANKI YOUエコ貢献ポイント』制度により、環境保全活動に対する年2回の継続的な寄付の実施とこれを機会とした各種植林活動にも参加しており、今回行なった「三機の森」下草刈り活動と併せて、今後も環境保全活動の継続的な推進と地域の皆さまや社員相互のコミュニケーションを図ってまいります。

●『SANKI YOUエコ貢献ポイント』制度とは
 当制度は、当社施工の設備工事において、お客さまに省エネ提案が採用された場合にCO2削減量をポイント(1トンあたり100円)に換算して、環境保全活動に寄付するものであり、お客さまとともに地球温暖化防止、持続可能な社会の実現に貢献するための制度です。 当社は今後も地域社会と連携し、快適な住環境の創造に寄与してまいります。

 

PAGE TOP