先輩へのインタビュー

業界経験や技術系の仕事経験を活かし、三機環境サービスで活躍する中堅社員の2人が、仕事の内容ややりがい等を語ります。

Oさん(技術部)インタビュー

Oさん(技術部)

―仕事内容について教えてください

主に下水処理施設の設計・補修工事を行っています。
親会社(三機工業)が納めた設備や機械はもちろん、水処理設備全体を見据え、計画・立案します。

―仕事で大変なことは何ですか

処理場ごとに様々な機器があり、またその機器ごとに損傷や磨耗の仕方が違う。それぞれの特徴をつかみ、覚えていきながら新しい技術と照らし合わせて計画、設計していくことはやはり大変です。
ですがそれを乗り越え、携わった機器の運転状況が改善されて認められ、信頼関係を結べたときの喜びもひとしお。
もちろん、地域の環境改善やインフラに協力できたことへのやりがいも感じられます。

― 新人に求めることはどんなことですか

1年や2年で結果が出せるような仕事ではないので、地道にコツコツと学び、続けていくことが大切です。
当社は社風も穏やかで、働きやすい環境です。分からないことは教えてくれますし、私自身も今後は自分のスキルや経験を伝えていきたいと考えています。これを利用しながら粘り強く続けて欲しいです。

Sさん(維持管理部)インタビュー

Sさん(維持管理部)

―仕事内容について教えてください

維持管理部はその名の通り、下水処理施設や浄水場の運転・維持管理を行います。
自分が現場で直接的に管理するのではなく、各現場にいる当社のオペレーターの労務管理、技術的な相談に受けたり、またそれを基にお客様(地方自治体)と掛け合ったりもします。
北海道から九州まである各現場をいくつか担当として持ち、それぞれの処理施設を良好に保つように努めています。

―仕事で大変なことは何ですか

トラブルが発生したときです。機器、システム、流入水、どこに原因があるのかをすぐさまリサーチし、一刻も早い解決を目指さなければなりません。
入ってくる水や機械の状態は常に変化します。現状を把握し、不具合の原因を分析するためには、日頃から貪欲に知識を吸収する姿勢が必要だと思います。

―勉強方法について

私自身、自分に生物や化学の知識がもっとあればと感じることがあります。
そんなときには、人に聞くということが大切です。当社の先輩はもちろん、親会社の三機工業の社員から学ぶこともできます。
また、地方自治体のお客様には長年水処理に携わっており、詳しい方も多いです。お客様から知識を吸収することも多いかと思います。
一人ひとりがより効率的に楽しく仕事が出来る職場環境を築いていけたらと感じています。

  • 採用担当からのメッセージ

    当社の教育はOJTが基本です。先輩社員から教えてもらったり、上・下水道施設の実際の現場で設備を見たりし、用語や技術を覚えていきます。
    全体設計の観点から個々の設備を見ることが欠かせないため、経験が大事になってくる仕事です。最低限の知識・技術が身に付くには、4~5年は必要になるでしょう。
    そのため、地道に粘り強く続けていく姿勢が何より大切です。
    また、仕事では多くの人とお付き合いしていくことになります。人とのコミュニケーションも欠かすことのできない点です。
    私たちは環境保全のエキスパートとして、向上心を持って責任ある仕事をしています。
    当社であなたの持つ技術力・コミュニケーション能力を発揮してみませんか?

お問い合わせ

新卒採用・中途採用に関するお問い合わせ
総務部採用担当:046-211-2135