三機工業株式会社

  • menu

サステナビリティ

SUSTAINABILITY

EMPLOYEE従業員とのかかわり

基本的な考え方

当社グループは、「コミュニケーションを重視し、相互に尊重する」という三機工業グループ経営理念のもと、従業員一人ひとりが会社とともに成長し、お互いの個性を認め合い、いきいきと活躍できる職場環境・企業文化づくりに努めています。従業員一人ひとりが持つ技術力や能力そのものが当社の貴重な財産であり、会社にとってなくてはならない「人財」と捉え、人財を育てその能力を最大限に活用できる環境を整備しています。

ダイバーシティの推進

 当社では、多様な人財がそれぞれの力を十分に発揮できる職場環境を作ることが企業価値の向上につながると考え、従業員の属性の多様性を推進し、各種制度を設け、積極的に取り組んでいます。

障がい者雇用

 障がいのある方々が安心して、持てる能力を最大限に発揮できる環境づくりに努めています。

職種転換制度

 2007年度に、一般職の能力発揮の場を広げるため、総合職への職種転換制度を導入しました。なお、2013年度より一般職は地域職へ移行しました。

外国人の採用

 2011年度から始動した中期経営計画「SANKI VITAL PLAN 90th」では、経営基盤強化策の一環として、「海外要員の育成等に取り組む」ことを掲げ、外国人の採用を積極的に行っています。

停年後再雇用制度

 高度な技術や知識を持つ高齢者の雇用機会の確保などのため、業界に先駆けて2001年から停年後再雇用制度を導入しています。

ワークライフバランスの推進

 当社は、従業員が仕事と家庭を両立できる各種支援制度の充実に努めています。勤続年数5年ごとに備蓄年休※を利用した連続5日間の休暇を取得できる「リフレッシュ休暇制度」、同じく備蓄年休を利用した「育児休業制度」、「介護休業制度」を導入しています。
 また、工事現場担当者向けの制度として、常駐6ヵ月以上経過した時点や次の現場に異動する時点で、連続3日間の休暇を取得できる「現場担当者連続休暇制度」を設けています。
 なお、当社は、次世代育成支援に積極的に取り組む企業として、東京労働局より「基準適合一般事業主」の認定を受け、「次世代認定マーク(愛称「くるみんマーク」)」を取得しています。

※備蓄年休
 過去10年間の未取得有給休暇を備蓄し、私傷病等のときに使用できる当社独自の制度です。

子育てサポートしています 2013年認定事業主
次世代認定マーク
(愛称:くるみん)

人財育成

キャリアプランに応じた支援制度

 当社は人事制度を、「一人ひとりの能力や背負っている役割に報いる」という理念のもとに構築し、専門能力・技術力・マネジメント力を強化して成長できるように、マネジメント研修、技術研修、分野別研修など、キャリアに応じたさまざまな研修制度を整備しています。