三機工業株式会社

ニュースリリース

「第16回 三機工業全店電気工事品質大会」を開催

2017年10月17日

 三機工業株式会社(社長:長谷川 勉)は、10月12日~13日の2日間、三機湘南研修センター(神奈川県横須賀市)で、「第16回 三機工業全店電気工事品質大会」を開催しました。本年度で16回目を迎える本大会は、電気技術者の施工技術向上と施工品質確保・統一化を目的として開催され、支社・支店・子会社から推薦された協力会社18社20名の電気技術者が、お互いの知識・技術を競い合いました。

 大会初日は、電気工事の基本技術である電灯・コンセントの設置に加え、動力回路、灯動共用変圧器の結線を行ない、電線接続・締付の重要性を再認識するために、実際に作業板上で配線工事を行う実技課題が行われました。大会二日目は、電気に関する法規や電気工事時の作業心得、安全ルール、当社技術指導書などを中心とした筆記課題に取り組みました。また、課題終了後ベテラン電気工事士により実技課題についての具体的な解説・講義が行われました。
 採点は、筆記課題が50点、実技課題が150点の合計200点で競い、東京支社推薦の株 式会社イーテックの小田川 亘さんが好成績をあげ優勝しました。

 表彰式では、齋藤常務執行役員技術統括本部長から「今回で16回目を迎え、参加者の皆さまが技能・知識を継続的に日々向上されていることが感じられました。今後も施工品質の確保、トラブル防止を念頭に、それぞれの会社でご活躍されることを祈念しています。また、来年は、建設中の三機テクノセンターで開催される予定です。」と挨拶がありました。

 大会参加者には、社内認定資格「三機工業認定優良電気工事士」の資格が付与され、これまでのべ318名の資格者が誕生しています。
 当社は、今後も施工技術向上と施工品質確保・統一化に向けた活動に取り組んでまいります。

【実技課題全景】

 

【優勝者の実技風景】

 

【集合写真】

PAGE TOP