三機工業株式会社

ニュースリリース

環境講演会を開催
~双方向学習型の環境教育を実施~

2017年8月 8日

 三機工業株式会社(社長:長谷川 勉)は、8月1日(火)、本社(聖路加タワー)で「環境講演会」を開催しました。
 この環境講演会は、三機工業グループ社員の環境問題への意識向上を目的として、毎年外部講師を招いて実施しているものであり、今回で9回目の開催となります。本社会場では、長谷川社長はじめ三機工業グループ社員145名、各支社・支店ではTV会議システムを通じて130名、計275名が参加しました。また、ビデオ録画し当日参加できなかったグループ社員も社内LANで視聴できるようにしました。

 当日は落語家の林家うん平師匠を講師としてお招きし、「江戸から平成へ...『もったいない』を進めよう」をテーマに講演をしていただきました。
 今回の講演会は双方向学習型ということで、講演を聴くだけではなく、講師と参加者が風呂敷包み体験学習や、当社の環境に関するクイズを通じてコミュニケーションを取れる形で実施し、楽しみながら環境に関する基礎知識や環境問題への理解を深めました。

 三機工業グループは事業活動を通じて、省エネルギー・省資源など地球環境保全に貢献していますが、2016年11月に発効されたパリ協定を踏まえ、さらなる環境貢献型企業として、グループ社員一人ひとりが意識を向上させてまいります。

 

 

PAGE TOP