三機工業株式会社

ニュースリリース

『SANKI YOUエコ貢献ポイント』制度による15回目の寄付を実施 ―植林を通じて環境保全活動を助成―

2018年8月 7日

 三機工業株式会社(社長:長谷川 勉)は、2010年10月に発足させた『SANKI YOUエコ貢献ポイント※1』制度により、環境保全活動に対し継続的に毎年度上期・下期の年2回寄付を実施しています。15回目にあたる2017年度下期分としては、1,115,400円(CO2削減量11,154トン)を、2つの団体へ寄付することとし、初年度(2010年度)からの寄付累計は、16,370,900円になりました。これまでに制度の対象となった設備は、運用開始後から現在に至るまで継続的にCO2の削減に貢献していることから、2017年度末までのCO2削減量の累計は約100万トンと推定されます。これは、一般的な家庭から排出される世帯あたりの年間CO2排出量※2の約30万世帯分相当となります。

 今回の寄付先の一つは、「特定非営利活動法人 森は海の恋人」(理事長:畠山 重篤氏)です。同法人は1980年代初頭、気仙沼湾の環境が悪化し、水産関連事業が大きなダメージを受けたのをきっかけに、水産物の栄養のもとになる森づくりに取り組み始め、以来「岩手県 矢越山(やごしやま)ひこばえの森」において、継続して植林活動をおこなっています。
 もう一つの寄付先である「非営利型一般社団法人 シルウァ」(代表:川下 都志子氏)は、当社の湘南研修センターにほど近い神奈川県横須賀市にある荒廃地の森林再生を目指す「湘南国際村めぐりの森」にて植林活動をおこなっています。
 また、本年5月の「湘南国際村めぐりの森 植樹祭」、6月の「森は海の恋人 植樹祭」には、当社社員も植樹作業に参加し、寄付の活用内容を具体的に知るとともに、環境保全に対する社員の意識を高める良い機会となりました。

※1『SANKI YOUエコ貢献ポイント』制度とは
 当制度は、当社施工の設備工事において、お客さまに省エネ提案が採用された場合にCO2削減量をポイント(1トンあたり100円)に換算して、環境保全活動に寄付するものであり、お客さまとともに地球温暖化防止、持続可能な社会の実現に貢献するための制度です。

※2環境省;『家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査』平成28年6月発表

 

<写真1> 2018年6月 森は海の恋人植樹祭にて(岩手県一関市)

 

<写真2> 2018年5月 湘南国際村めぐりの森植樹祭にて(神奈川県横須賀市)

 

<写真3> 2018年5月 湘南国際村めぐりの森植樹祭にて(神奈川県横須賀市)

PAGE TOP